ブローバイホース

“車検のときのチェック項目の一つに、ブローバイホースというのがあります。

ブローバイとは、ピストンとシリンダーの隙間からクランクケース内に漏れ出してしまった未燃焼ガスのことをいいます。
実際は、オイルや水蒸気などに混ざっていて、それらの総称のことをいいます。

このガスを、通常はシリンダーヘッドから、このホースを使ってインテーク(吸気側)の配管やエアクリーナー吸入空気に混ぜて戻します。

本来は、エアクリーナーが汚れてしまったり、オイルも燃やすのでそのカスなどが溜まってエンジンいはよくないのですが、そのままだ出してしまうと環境に影響が出るために、吸入空気混ぜて燃やして、触媒で綺麗にしてから排気するようになっています。

これを外すことは法律で禁じられていて、外してしまうと車検に通らなくなります。
ちなみに、一般車にはついていませんが、レースをする車には、オイルと未燃焼ガスを分けるオイルキャッチタンクがついています。
このホースも、長期利用していると段々ひび割れなどが起きてしまい、割れてしまいます。
環境にもよくありませんし、何より車検に通らなくなります。
車に詳しい人なら、自分で交換も可能ですが、素人だとやはり専門の業者に任せた方がいいでしょう。

}PgžxQ

 

 

 

Comments are closed.