着色フィルムの透過率

テーブル

 

自動車の車検を自分で陸運局に行って受けているという方も多いと思います。
せっかく車検に行っても整備不備などで車検に通らずまたやり直しとなれば、近くの人ならばまだしも遠くからわざわざ来た人などはすごい時間を浪費してしまします。
そうならないためにも、車検に行く前に確認しておきたいことがいくつかあります。
まず基本は、電気周りのチェックですヘッドライトやテールランプ、ブレーキランプなどです。ここでよく見落とすのがハイマウントストップ球やフォグランプです。ウォッシャー液やホーンなどもチェックしましょう。
あとは、タイヤの減りぐわい、ランプ類の割れがないかです。少し難しいところではドライブシャフトブーツやロアアームブーツなどがあります。
あとちょくちょくあるのが、ガラスにフィルムを張っているため透過率が70%を下回っていることです。
リヤのサイドガラスや後ろのガラスは透過率が70%なくても大丈夫なのですが、運転席、助手席、フロントガラスは透過率が70%以上なければなりません。
よくフィルムを購入するときに、透過率70%以上などと書かれていますが自動車のガラス自体が透明でも透過率は100%ではありません。まして最近でははじめから少し色のついたガラスも多く使われるようになりました。そのため着色フィルムを貼るのはほとんどダメなことが多いと考えたほうがいいでしょう。
他にも点検項目は色々ありますが、これぐらいの基本的なことはチェックするようにしましょう。

Comments are closed.