車検とは

車検は、新車を購入したときはそのほとんどの車両が3年後に、それ以外は2年に一度この検査を受けて整備等を認められ更新しなければなりません。検査期間切れの車両となった場合はその車両で公道を走れば違法です。道路運送車両法違反になり、警察に見つかれば当然逮捕されます。
また車の種類によっては、1年に一度検査を受けなければいけない車両もあります。
この検査は、都道府県が課税する自動車税を完納していなければ完納証明書が発行されないため、検査に必要な書類がそろわないことになり検査を受付してもらえません。
また、10年ほど前までは構造変更することにより検査期間を伸ばすという、法律の裏をかくような手段で検査期間を伸ばすことができましたが、今は構造変更にも先述の完納証明書の提出が必要となり、この手段も使えなくなっています。
この検査は、その自動車が整備が万全で、整備不良等により車が走れなくならないことを証明している面もありますが、だからといって検査期間が伸びたから何もしなくていいということではありません。期間があっても適宜自動車のメンテナンスを適切に行って故障等がないようにし、事故が起きないようにすることも運転する者の義務といえます。

}PgžxQ

Comments are closed.